マイホームを購入する、住宅ローンを返し終わった等、不動産の権利に変更があった場合、その権利を法的に保護するために「登記」の手続きは必要不可欠です。 登記に必要な手続・費用など、まずはお気軽にご相談ください。

 

○ 住宅ローンを返し終わったとき

 

住宅ローンを完済すると、自宅の土地・建物に設定された抵当権を抹消する登記が必要になります。

 

金融機関からは、抵当権の抹消登記をするために必要な書類が交付され、司法書士へ依頼することを勧められます。

登記の申請自体に期限はありませんが、金融機関から交付される書類の中には有効期限があるものもありますので、お早めに手続きしましょう。

   

当事務所では、必要書類をお預かりし、抹消登記の申請手続きをすべて代行いたします

 

 

○ 不動産を売買・贈与するとき

 

  • マイホームを購入する
  • 会社名義の不動産を、代表者個人の名義に変更したい
  • 自宅を売却するにあたって、登記をしてくれる司法書士を探している
  • 親族間での売買・贈与をしたい

 

上記のような方のため、当事務所では、売却・購入時の立会い(決済)から登記申請手続きまで、すべてお手伝いいたします

 

 

○ 財産分与

 

財産分与とは、婚姻中に夫婦が共同で形成した財産を清算することです。

 

婚姻中に購入した住宅などは、たとえ夫のみの名義で購入したとしても、家事労働などで妻からの協力を得ている限り、財産分与の対象となります。

 

どのように財産を分けるかは、慰謝料や養育費とともに当事者の話し合いで決めるのが一般的ですが、話し合いがまとまらなければ、家庭裁判所での調停審判手続を検討します。

 

当事務所では、 財産分与による不動産の名義変更手続きをすべて代行いたします

 

 ※ 離婚問題でお悩みの方に、カウンセリングのご紹介をしております。

 

 

○ 住所移転・氏名変更

 

住所を移転した場合や、婚姻・離婚などで氏名が変わった場合には、その変更の登記が必要となることがあります。

 

当事務所では、これらの変更登記手続きをすべて代行いたします。